有限会社栗栖工業

TOP > 

伝統文化

鳶職の歴史 - 古式消防について

戦国の世にあった日本は、長らく消防の組織が置かれず、火災に対してほとんど為す術がありませんでした。そのため、失火した場合は打ち首、放火した場合は火あぶりと、非常に厳しい刑罰が科されていました。  

江戸時代初期の1629年、幕府から大名へ江戸の町の火消役を命ずる奉書が出されました。これを奉書火消といい、日本の消防の淵源と考えられています(但し、出火の報を受けても奉書をいちいち書いて出動を命じるのんびりしたものであり、実際的ではなかったという)。  

さらに1643年には大名火消として組織が充実・整備されました。その後、1657年の振袖火事を受けて、1658年、旗本による定火消(じょうびけし)が始まりました。
しかし、消防活動の中心は、火災周辺の住宅を破壊して延焼を防ぐ破壊消火(除去消火法)であり、消防技術としては龍吐水や水鉄砲など小規模の火を水で消すため道具が作られた程度でした。  

八代将軍吉宗公の御世、江戸南町奉行大岡越前守忠相公により享保三年(1718)に江戸町火消 いろは四十八組が制定されました。  江戸の町を守る防災のにない手として「鳶の者」たちが選ばれ、身命をもかえりみず消火にあたり、炎にあおられても纏(まとい)と供に一歩も引かず、江戸の町や人々を守って来たとされています。
 

伝統文化継承 - 弊社の取り組み

このような鳶の古き良き伝統文化を研究・伝承し、社会に広める事により、鳶職としての資質を高め、礼儀礼節を学び、若年技能者の育成と能力向上を行うことで、鳶職の社会的地位の向上と業界の活性化に努めてまいりたいと思います。
 
小野田古式消防組保存会

また、弊社が中心となり、「小野田古式消防組保存会」をつくり、地元の消防出初式や県の行事などではしご乗りの演技を披露し、多くの方に鳶の伝統文化を知っていただく活動も行っています。
 
 
正社員募集
 
小野田古式消防組保存会
 
ものづくりマイスター
 
やまぐち教育応援団
 
若者応援企業
 
やまぐち障害者雇用推進企業
 
ものづくり企業バンク
 
リンク集

有限会社栗栖工業 Copyright © KURISU KOUGYOU CO., LTD. All rights reserved.